Web展覧会

3万円以上のお買い物で、全国どこへでも【配送料無料】キャンペーン中

おすすめ

hrk4482
hrk4482 hrk4482 hrk4482 hrk4482 hrk4482 hrk4482 hrk4482 hrk4482

画像をタップ、PCの場合はクリックすると拡大します。

北大路魯山人 赤絵汁次  [hrk4482]

  • 状態 : お直し有・金繕い
  • サイズ : W9.5×D7.7×H8.5cm
  • 箱 : 荒川豊藏・極め箱
税抜金額(税込)
¥280,000
販売価格(税込)
¥308,000
在庫状態 : 在庫有り

商品一覧に戻る

 

 

今から90年ほど前に作られた魯山人先生の醤油差しです。

呉須赤絵と呼ばれる技法でうつわ全体を赤色にし、本体上部に染付と緑・黄色の上絵雁木文が付けられ、蓋の天部は黄色に塗られていてお洒落です。
高台に染付で瞬く星のマークがあることから、星岡茶寮で使用するために制作されたものと推察できます。
現在、一般に普及しているこのような「汁次」「醤油差し」と呼ばれる料理店のカウンタ-や食卓に置かれてお醤油などを入れるうつわは、魯山人先生が和食の為に当時考案したものです。
このような魯山人の小さな作品は可愛らしさがあり、さらに実用的なものは特に人気があります。
素地貫入に僅かにシミが入っています。また、注ぎ口の先端部にごく小さな金繕いがあります。金繕いは作品に華やぎを添えているように見えます。
高台内に星岡茶寮のブランドマークである星を意匠化したものが染付サインで入れられています。
箱書きは、魯山人先生の弟子であった荒川豊藏(号・無田陶人)が「魯山人作 赤絵汁次 壹 無田陶人 誌す」と書いています。

 


北大路魯山人の作品は本日の一品ページでもご紹介しております。
ぜひ、ご覧になってください。
こちらをクリック⇒【本日の一品】


北大路魯山人|Rosanjin Kitaoji

1883
京都市上賀茂北大路町に生まれる
1907
東京で書家として活動を始めるが挫折し放浪
1916
挫折し、韓国・中国・滋賀・福井・金沢など放浪し京都へ戻る
1919
東京で美術骨董店を開業
1921
骨董店の顧客を対象に、自らの料理を供する「美食倶楽部」を始める
1923
美食倶楽部で使用する食器の外注制作を始める
1925
料亭「星岡茶寮」を経営
1928
星岡茶寮の食器を製作するための製陶所「星岡窯」を鎌倉に設ける
その後、百貨店や茶寮などで作品即売会を催し評判を呼ぶ
1935
陶芸創作に専念するようになる
1936
星岡茶寮の経営から離れる
1937
北大路魯山人新作展(銀座 黒田陶苑)
1939
この頃「星岡窯」は50名余が従事し活況を呈する
1942
戦時下、石川に疎開し漆芸作品などを制作
1954
ロックフェラー財団の招聘によりニューヨークなどで個展を開催
アメリカ・ヨーロッパなどを歴訪
1955
重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を辞退
1956
東京・京都・名古屋などで盛んに個展を開催する
1959
逝去(享年77歳)

Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.
If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item's number [aa00], your country and region.
We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com  (please change ◎ to @)

商品一覧に戻る

-掲載画像の色彩や彩度につきまして-
お使いのブラウザや機器・環境により、実作品との差異が生じる場合がございます。
あらかじめご了承ください。なお、黒田陶苑の店頭では実作品をご覧いただけます。