Web展覧会

3万円以上のお買い物で、全国どこへでも【配送料無料】キャンペーン中

おすすめ

ig043
ig043 ig043 ig043 ig043 ig043 ig043

画像をタップ、PCの場合はクリックすると拡大します。

北大路魯山人 呉須赤絵赤玉馬上盃  [ig043]

  • サイズ : W5.3×H5.8cm
  • 状態 : 良好・無傷
  • 箱 : 黒田陶々庵・極め箱
税抜金額(税込)
¥480,000
販売価格(税込)
¥528,000
在庫状態 : 売切れ
販売済/SOLD

商品一覧に戻る

 

80年ほど前に作られた北大路魯山人先生の作品です。

中国の明時代に多く作られ、同時代に日本に輸入されていた「呉須赤絵」と呼ばれる古陶磁の雰囲気そのままを魯山人先生がアレンジし作品化しています。
最高級の朱を使い、赤玉と呼ばれる宝珠文を象徴的に大きく入れ込み、格子文はか細く描くというセンスは魯山人の真骨頂を示します。
格調高い形式の馬上盃の姿の良く似合っています。
ブランドマークのように高台に赤絵で「ロ」とサインしてあり、おしゃれです。


酒器の逸品は本日の一品ページでもご紹介しております。
ぜひ、ご覧になってください。
こちらをクリック⇒【本日の一品】


酒器逸品リスト に戻る


Facebook に戻る
Instagram に戻る

ウエブサイト に戻る


 

北大路魯山人 |  Rosanjin Kitaoji

1883  京都下賀茂北大路町に生まれる
1907  東京で書家として活動を始めるが挫折し放浪
1916  挫折し、韓国・中国・滋賀・福井・金沢など放浪し京都へ戻る
1919  東京で美術骨董店を開業
1921  骨董店の顧客を対象に、自らの料理を供する「美食倶楽部」を始める
1923  美食倶楽部で使用する食器の外注制作を始める
1925  料亭「星岡茶寮」を経営
1928  星岡茶寮の食器を製作するための製陶所「星岡窯」を鎌倉に設ける
その後、百貨店や茶寮などで作品即売会を催し評判を呼ぶ
1935  陶芸創作に専念するようになる
1936  星岡茶寮の経営から離れる
1937  北大路魯山人新作展(弊社主催)
1939  この頃「星岡窯」は50名余が従事し活況を呈する
1942  戦時下、石川に疎開し漆芸作品などを制作
1954  ロックフェラー財団の招聘によりニューヨークなどで個展を開催
アメリカ・ヨーロッパなどを歴訪
1955  重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を辞退
1956  東京・京都・名古屋などで盛んに個展を開催する
1959  逝去(享年77歳)

 

 

 

Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.
If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item's number [aa00], your country and region.
We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com  (please change ◎ to @)

商品一覧に戻る

-掲載画像の色彩や彩度につきまして-
お使いのブラウザや機器・環境により、実作品との差異が生じる場合がございます。
あらかじめご了承ください。なお、黒田陶苑の店頭では実作品をご覧いただけます。