Web展覧会

3万円以上のお買い物で、全国どこへでも【配送料無料】キャンペーン中

おすすめ

itsuwan_sk01
itsuwan_sk01 itsuwan_sk01 itsuwan_sk01 itsuwan_sk01 itsuwan_sk01 itsuwan_sk01

画像をタップ、PCの場合はクリックすると拡大します。

川瀬 忍 翠瓷茶碗  [itsuwan_sk01]

  • サイズ : W11.8×H6.8cm
  • 箱 : 作者署名・桐箱入
  • 状態 : 新作・新品
税抜金額(税込)
¥400,000
販売価格(税込)
¥440,000
在庫状態 : 在庫有り

商品一覧に戻る

青瓷の第一人者として有名な川瀬 忍先生の翠瓷茶碗。
翠瓷(すいじ)とは、翡翠色の青瓷のことで、この茶碗は、淡青色に薄紅色が差し込んでいます。
中国・南宋時代の砧青瓷や官窯青瓷に肉薄する作品を作り続けてきた川瀬忍の新作は、青瓷を超越した川瀬独自の色合いを施した、今までにない革新性を持つもので、誰が見てもまずは美しいと感じる仕上がりです。
薄紅色を呈した部分が印象的な世界に二つとない翡翠青瓷の茶碗です。

 


川瀬 忍 Shinobu Kawase

1950年
神奈川県大磯町に生まれる
1968年
祖父・川瀬竹春のもとで作陶を始める
1974年
官窯青瓷の研究が本格化する
1976年
初個展
1977年
「竹春三代展」に出品する
2009年
個展「吟上のうつわ展」(銀座 黒田陶苑)
2014年
日本陶磁協会金賞受賞
2018年
川瀬忍ー作陶50年の間展(菊池寛実記念 智美術館)

Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.
If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item's number [aa00], your country and region.
We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com  (please change ◎ to @)

商品一覧に戻る

-掲載画像の色彩や彩度につきまして-
お使いのブラウザや機器・環境により、実作品との差異が生じる場合がございます。
あらかじめご了承ください。なお、黒田陶苑の店頭では実作品をご覧いただけます。