陶心陶語

GSIX

数日後の2017年4月20日に、黒田陶苑のすぐ近くに「GSIX」がオープンいたします。
既にご承知のとおり、松坂屋銀座店跡地に完成した大型複合商業施設です。
2013年6月30日に閉店した老舗百貨店・松坂屋。
松坂屋さんは、私の少年時代の遊び場であって、屋上遊園地やウインドウで好きなものを選んで切符(チケットでなく厚紙の切符でした)を買って食事する「お好み食堂」で、お子様ランチを食べていた場所でございました。
21世紀になっても、銀座であっても、独特のレトロ感を醸し出していた松坂屋さん。最終章では、外資系テナントに浸食されてしまっていましたが、屋上遊園・食堂・地下食品街は旧態を保っていて私の休息場所になっていました。
松坂屋閉店の2013年6月下旬、私はフランス・ギメ美術館で行われた北大路魯山人の過去最大級の回顧展に携わっていた関係でパリに居て松坂屋の最終日には立ち会えなっかったことを思い出します。
当初、2016年秋開業予定で説明されていた施設ですが、およそ半年の遅れでもって、いよいよ4月20日オープン。
内覧会でお邪魔してまいりましたが、想像以上の施設になっていました。
先にオープンした5丁目の大型複合商業施設・東急プラザが、銀座初・新規展開・新業態を売り出しているのに対し、このたびの6丁目のGSIXは、世界ブランド旗艦店・老舗・大人気ブランドを押し出していることに私は注目いたしました。
空気のきれいな屋上庭園では、銀座はやはり銀座であって、そして銀座は世界の未来なのではと思ってしまいました。
詳しいことは申せませんが、ほんとに素晴らしい銀座のランドマークになりました。
ぜひ皆様、銀座にお越しください。

 

 

« 前の記事:濱田庄司 柿釉... を読む

次の記事:辻 清明 信楽自... を読む »

陶心陶語トップへ戻る