鈴木伸治 赤絵四方面水指のこと

  この水指が、中世から伝わるような茶室の点前座に置かれて、良いと云われるはずもなく。ただ、そのような茶室を誰でもが使えるはずもない。 昭和の時代に作成された茶道の方程式の難問は、平成の時代が終ろうと... CLICK ▶︎

鈴木伸治さんのこと

  1976年に岐阜市で生まれた鈴木伸治さんは、陶芸家を志す人々が通う専門学校「多治見意匠研究所」を卒業し、25歳の時に工房を構え創作活動を始めました。 当初は食器などを主に作っていた鈴木さんは、ある... CLICK ▶︎

荒川豊藏 染附高砂手花入のこと

  「宮永東山さんのところへ来て初めて、焼き物に風雅なものがあるのを知る。古い良い焼き物もよく見て回った。勉強になった。」 大正11年、それまで多治見で洋食器の画工をしていた荒川豊藏が28歳の時、京・... CLICK ▶︎

今年一番のできごと

  黒田陶苑は、新年4日(金)まで、年末年始休業をさせていただきます。 おかげをまちまして、昨日深夜、今年の業務をすべて終えました。皆さまには、たいへんお世話になりました。 多くの方々と出会うこと... CLICK ▶︎

荒川豊藏 志野酒盃のこと

  人間国宝・荒川豊藏は、91歳の天寿を全うする直前まで、精力的に制作に勤しんだ陶芸家でした。特に、77歳で文化勲章を受章したのちには、唐津や萩、丹波、備前、信楽などの窯業地を巡っては、その地を代表する陶... CLICK ▶︎
3 / 5«...234...»