本日の一品

Rosanjin Kitaoji

北大路魯山人 伊賀釉四方平鉢

h5.2×w27.7×d27.0cm 1957年  黒田陶々庵・箱

北大路魯山人 伊賀釉四方平鉢

 

わたくしども黒田陶苑ともっとも縁の深い魯山人先生の最晩年期の作品です。

ビードロと呼ばれる濃緑色の釉薬が美しい魯山人の「伊賀」は、1950年代初頭から手がけ、「志野」「織部」と並び、魯山人晩年期を代表する作品として有名です。
この作品は、魯山人の伊賀の特徴を顕著に表しています。大胆な造形は、もはや用の美を超越しており、魯山人の美への執念・鬼気を感じます。
北大路魯山人が研究を重ねた高々度な焼成技術によって生まれた名作です。これほどの見事な発色を示す魯山人の伊賀は稀少で、魯山人が遺したこの世に一点限りの宝石に思えます。

 


※  価格等、この作品について詳しい情報をお知りになりたい方は、メールでお願いいたします。   
メールはこちら ⇒ MAIL
【 作品番号 : 516 】


Facebook        

Instagram  

ウエブサイト に戻る


 

北大路魯山人 | Kitaoji Rosanjin

1883
京都市北区上賀茂北大路町に生まれる
1907
東京で書家として活動を始めるが挫折し放浪
1916
挫折し、韓国・中国・滋賀・福井・金沢など放浪し京都へ戻る
1919
東京で美術骨董店を開業
1921
骨董店の顧客を対象に、自らの料理を供する「美食倶楽部」を始める
1923
美食倶楽部で使用する食器の外注制作を始める
1925
料亭「星岡茶寮」を経営
1928
星岡茶寮の食器を製作するための製陶所「星岡窯」を鎌倉に設ける
その後、百貨店や茶寮などで作品即売会を催し評判を呼ぶ
1935
陶芸創作に専念するようになる
1936
星岡茶寮の経営から離れる
1937
北大路魯山人新作展(弊社主催)
1939
この頃「星岡窯」は50名余が従事し活況を呈する
1942
戦時下、石川に疎開し漆芸作品などを制作
1954
ロックフェラー財団の招聘によりニューヨークなどで個展を開催
アメリカ・ヨーロッパなどを歴訪
1955
重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を辞退
1956
東京・京都・名古屋などで盛んに個展を開催する
1959
逝去(享年77歳)

 

Rosanjin KITAOJI  [Squared plate, Iga glaze]


ご内覧希望・在庫・価格など、この作品についてのお問い合わせは、メールでお願いいたします。

Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.
If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item’s number [#000], your country and region.
We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com  (please change ◎ to @)

作品お問い合わせ番号 :  516

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ