本日の一品

Rosanjin Kitaoji

北大路魯山人 赤志埜ぐい呑 [乱杭文]

h4.7×w5.7cm 1955年頃 黒田陶々庵箱

北大路魯山人 赤志埜ぐい呑 [乱杭文]

 

この作品は、北大路魯山人の最晩年期を代表する赤志野のぐい呑です。

最晩年期の志野ぐい呑の特徴として、高台は糸切りのべた底であること。そして、口作りは端反りであること。この二つが挙げられます。

この作品はその二つの大きな特徴を顕著に見せる作品で、魯山人先生のぐい呑としては大振りで、志野釉の発色も理想的です。
乱杭文と呼ばれる不規則な線文が施してあり、これも魯山人ならでは作為です。
鑑賞にも十分に堪えますが、肉厚でがっしりとした作りを持つこのぐい呑は、実際に使って愉しまれる方にこの上ないものになりそうです。
釉掛けに半分隠れていますが、高台に「ロ」のサインがあります。

 

 


 

北大路魯山人 | Kitaoji Rosanjin

1883
京都市北区上賀茂北大路町に生まれる
1907
東京で書家として活動を始めるが挫折し放浪
1916
挫折し、韓国・中国・滋賀・福井・金沢など放浪し京都へ戻る
1919
東京で美術骨董店を開業
1921
骨董店の顧客を対象に、自らの料理を供する「美食倶楽部」を始める
1923
美食倶楽部で使用する食器の外注制作を始める
1925
料亭「星岡茶寮」を経営
1928
星岡茶寮の食器を製作するための製陶所「星岡窯」を鎌倉に設ける
その後、百貨店や茶寮などで作品即売会を催し評判を呼ぶ
1935
陶芸創作に専念するようになる
1936
星岡茶寮の経営から離れる
1937
北大路魯山人新作展(弊社主催)
1939
この頃「星岡窯」は50名余が従事し活況を呈する
1942
戦時下、石川に疎開し漆芸作品などを制作
1954
ロックフェラー財団の招聘によりニューヨークなどで個展を開催
アメリカ・ヨーロッパなどを歴訪
1955
重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を辞退
1956
東京・京都・名古屋などで盛んに個展を開催する
1959
逝去(享年77歳)

 

 


 

facebook

Twitter

Instagram

www.kurodatouen.com

作品お問い合わせ番号 : #567

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ