本日の一品

Kaiji Tsukamoto

塚本快示 青白磁刻花文碗

h5.6×w17.2cm 1980年代 共箱

塚本快示 青白磁刻花文碗

 

塚本快示先生の陽刻と陰刻を組み合わせた唐花模様が美的な青白磁の碗です。
轆轤引きで成形した碗をまだ磁土がまだ柔らかいうちに、箆を使って堆土し文様を付け、櫛掻きで細線を入れて陰影をつけています。
外側には、片切り彫りの技法を用いた鋭い連弁文が刻みつけられています。

薄作りの碗にこれほどの凹凸のある彫模様を入れる技術は他の追随を許さず、塚本快示先生の神髄といってよいもので、緊張感ある作品に仕上がっています。
清冽な凛とした趣きのある逸品です。


 作品一覧に戻る


※  価格等、この作品について詳しい情報をお知りになりたい方は、メールでお願いいたします。   
メールはこちら ⇒ MAIL
【 作品番号 : 601 】


塚本快示 | Kaiji Tsukamoto

1912 
岐阜県土岐市に生まれる
1933 
家業の製陶業に従事
1943 
小山冨士夫に影響をうけ青白磁を始める
1965 
日本伝統工芸展会長賞受賞
1973 
岐阜県無形文化財指定
1977 
紫綬褒章受章
1983 
重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
1984 
勲四等旭日章受章
1990 
逝去(享年77歳)


Instagram
Facebook
Twitter
www.kurodatouen.com

作品お問い合わせ番号 : #601

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ