本日の一品

Kamoda Shoji

加守田章二 炻器壷

w19.8×h17.8cm 1968年  共箱

加守田章二 炻器壷


加守田章二 炻器壷

栃木・益子を制作拠点にしていた10年間を経て、加守田章二先生は、1969年に岩手・遠野に新しい工房を設けて制作を始めます。

この作品は、遠野へ移る直前に益子で制作された壷です。
新工房の建設の際に、遠野から地元の土を持ち帰り、益子の工房で手びねりで造形し焼成しています。

炻器とは「焼き締めの器物」の意味を持つ言葉で、1960年代末期のこの時期に加守田先生は好んでこの言葉を使用した作品を発表しています。
大小の砂粒が多く含まれる遠野の粗い胎土を無釉で焼き締めた器肌が美的で、端正なな形に、土の造形である陶の醍醐味が満載された見応えある作品になっており、黒泥を用いたアクションペインティングのような絵付けも個性が輝いて印象的です。

高台に彫サインがあります。


 作家一覧に戻る


※  価格等、この作品について詳しい情報をお知りになりたい方は、メールでお願いいたします。   
メールはこちら ⇒ MAIL
【 作品番号 : 586 】


加守田章二 | Kamoda Shoji

1933
大阪府岸和田市に生まれる
1952
京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学
1956
京都市立美術大学卒業。茨城日立に移り製陶所に勤務
1959
栃木県益子に移り制作を開始
1962
穴窯での灰釉作品の制作が始まる
1965
灰釉作品が注目される
1966
日本陶磁協会賞を受賞
1967
高村光太郎賞を受賞
1969
岩手県遠野に移り、その後作品は毎年変化していく
1970
[曲線彫文]を発表
1971
[彩色]を発表
1974
[陶板展](銀座 黒田陶苑)以後毎年出品
1979
東京東久留米に工房を移す
1983
逝去(享年49歳)


ご内覧希望・在庫・価格など、この作品についてのお問い合わせは、メールでお願いいたします。


Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.
If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item’s number [#000], your country and region.
We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com  (please change ◎ to @)


Instagram
facebook
Twitter
www.kurodatouen.com

作品お問い合わせ番号 :  #586

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ